●下着類
きものの下に着用したり、最初に用意すべきものです。
●肌着(肌襦袢)
きものを着るときにはく靴下のようなものです。素材はさらしや化繊など様々で、伸縮性のあるタイプもあります。色は白が良いでしょう。色足袋や柄のあるものは正装には使用しません。こはぜ(足袋を止める金具)は3枚・4枚・5枚のものがあります。どちらでもかまいませんが、小紋などでしたら4枚でけっこうです。足にぴったりしたものを履くので靴のサイズよりワンサイズ小さいものを買いましょう。
●肌着(肌襦袢)
素材はガーゼやさらしのものが主流です。また袖口にレースをあしらったタイプもありますし、マジックベルトで前をとめる便利なものもあるようです。衿も白やピンクなどがあるようですが、お好きな方を。
正装には白が無難ですね。

小紋や浴衣などのカジュアルなきものを着る場合でしたら、きもの用の肌着でなくてもタンクトップやシャツでもOKです。ただし表に響かないよう、薄手のもがオススメです。

●腰巻き(裾除け・蹴出し)
腰に巻くペチコートの役目を果たすものです。素材は絹が一番ですが、化繊でもいいものが出回っていますので手に入りやすいのもでいいでしょう。キュプラ・ナイロン・アセテートなどが多いです。やはり正装には白が無難ですが、ピンクもカワイイですね。
小紋や浴衣などのカジュアルなきものを着る場合でしたら、腰巻きじゃなくてもスリップやペチコート、浴衣ならタップパンツやスパッツでもOK。どうせ見えないですからね〜(笑)
●伊達締め
胸元のシワなどを整えるもの。博多の献上柄が主流です。マジックベルト式のものや、伸縮性のあるタイプも出回っていますができれば絹物が締めやすいのでお勧めです。
長襦袢の胸元のしわを押さえたり、長着のおはしょりの形を整えます。最低1本あれば足りますが、2本ほどあると安心です。
写真は上が正絹博多のもの、下がマジックテープ付きの伸縮あるタイプ。私自身は博多献上1本で着付けます。私太ってるもんで、伸縮性があるものは、お腹の肉に食い込むんですよ〜
●腰ひも
モスリンや絹や化繊の紐です。
襦袢やきものを押さえ、ずれないようにします。
ふくよかな方用に「長尺タイプ」もあるようです。
モスリンの普通尺なら、激安店で3本セットで約500円前後です。
●長襦袢
きものの下に着る下着ですが、袖口や振りなどからちらりと見えるので見せる下着といったところでしょうか。色柄には様々なものがあり、上に着るきものとのコーディネイトが楽しめます。素材は絹が主流ですが、化繊で美しいものがあります。ただし、上に着るきものとサイズが合わないとうまく着れませんので襦袢だけを仕立てるときは上に着るきもののサイズをしっかり伝えましょう。
礼装には淡い色合いのものが良いでしょう。
小紋などのおしゃれ着でしたら色柄ともに自由です。
●白半衿
長襦袢や半襦袢の地衿の上から縫いつけて使用します。汚れを防ぐ目的の他、装飾的な役割もあります。
色・柄・素材など様々なものがありますが初めは白が無難です。
●刺繍半襟・色半襟
白半襟と同じく長襦袢の衿に縫いつけて使用します。礼装は白地に金糸などの刺繍があるものを、小紋などのおしゃれ着には好みで楽しみましょう。
でもなにもきもの専用のものでなくてもOKなんですよ。
カジュアルなきものなら市販品の大きさに合わせて、
好みの生地をジャキジャキ切って襦袢に縫いつけちゃえばいいんです!

 

●上着編
きもの自体から着付け終わるまでに必要なものです。
●きもの
いわゆる「長着」というものです。
●帯
きものに会わせてご用意ください。
●帯締め
帯をしっかりと固定する組み紐です。装飾的な役割もありますので、様々な組み方や、色・柄があります。何本あってもいいものです。着物の色や柄と合わせて選びましょう。
ちゃんとした帯締めは、しっかりと結べてゆるまないので良いのですが価格が高くて手が出ない時もありますね。そういう場合は手芸店で売ってるリボンなどを代用しちゃう手もありますよ〜!
●帯揚げ
帯枕の紐を隠す役目をするものですが、きもの姿のアクセントになりますので、きものや帯とのコーディネイトが楽しいです。
これも何枚あってもいいものです。
私は丁度良い色のものがない場合、スカーフなどで代用しちゃったりします。
●帯枕
帯結びの後ろ姿を美しく見せるものです。若い方は大きく高いものを、年配の方は小さめで少し低いものを使用します。また、普通のものと振り袖用のものがあります。帯結びによって市販されたものだけなく、ご自分でも作れます。
最悪タオルをぐるぐる巻きにしたもので代用も可能。その場合はガーゼなどのカバーを掛けましょう。市販品でもカバー付きやひも付きの物以外はご自分で用意しなければなりません。
上のものはお太鼓用の市販品。下のピンクのは角出しなどの変わり結び用に、自分で作ったものです。
●帯板
帯の前姿をしゃんとさせシワを防ぐ薄い板状のものです。プラスチック製のものやベルトが付いているものなど、様々な形の物が出回っています。厚紙や画用紙などでも代用できますが、滑りが良いほうが使いやすいので、そのうち購入されたほうが良いでしょう。
写真は上がベルト付き、下がプラスチック製の穴あきタイプ。
私は昔、最初文房具の下敷きをカットして使ってました(笑)
ベルト付きのものは帯を締める前に装着しますが、板だけのものは
帯を巻くときに帯に挟み込みます。
●巾着
きもの用のハンドバッグです。なにも和装専用のものでなくても、こぶりでかわいいものなら洋装のバッグでも十分です。でも一つは持っていたいものですね。形・素材ともに様々なものがありますのでお店で気に入ったものを買いましょう。もちろん、きもの帯とのコーディネイトは忘れずに。
写真は小紋柄の巾着。華やかな小紋のきものに合わせて使ってます。
●草履
ずばり、きもので外出するためには必要ですね〜
きものにあった、履きやすいものを用意しましょう。 素材も、錦・本革・合皮などいろいろありますし、鼻緒も太いもの・細いもの様々です。小紋なら無地の単色の合皮のもので十分です。
写真は本革で鼻緒は古い裂を使ったもの。ちょっとおしゃれをするとき用に購入しました。いつもは黒の合皮の草履をガシガシ履いてます

 

 

●お助けグッズ?それとも・・・
あると便利だけど、なくても平気。でも使ってみると以外と良いかも。使い心地も執拗性も人それぞれってことでしょうか。
新たに発見したらまた追加していきます。
私的な使い心地を★印で表記しました。★が多いほどオススメ。
  
●衿芯
長襦袢の半襟の下に入れて襟元を美しく整え、衣紋を形良く抜くために使用。カーブのついたものや湿気抜きの穴が開けられているものなど様々ですが、あると便利ですし、長襦袢の衿が柔らかいとシワが寄ってしまうことがあるのですが、それが解消されるのでラクチンですよ。

★★★★★

●衣紋抜き
長襦袢の後ろ身頃と衿の境目に縫いつけて使います。衣紋が美しく抜けるので是非オススメします。

★★★★

●仮紐
補整を押さえたり、帯結びの補助などに使用します。腰ひもでも代用できますが長すぎると使いづらいですね。滑りの良い物が1本あると便利。外出時も持って歩くと、トイレの時などにも重宝します。

★★★

●衿付け用両面テープ
近所の激安衣料品店で発見!こんなものがあるなんて驚きです。
急いで襟付けつるとき、文房具の両面テープを使っていましたが、専用のものがあるならこっちのほうが良いかもしれませんね。

★★★

●クリップ
帯結びの時に帯を押さえたり、衣紋を整えるために使ったりします。洗濯ばさみやダブルクリップでも代用できますが、専用のものは挟む部分にゴムが貼ってあり、きものを傷めませんし滑らないので、あると便利かもしれません。

●補整小物
ウエストのくびれを補整したり、胸元をふくよかにみせるもの。専用ものもも市販されてますがご自分でも作れますし、タオルや手ぬぐいで代用することもできます。でも私はいっさい使いません。だって補正する必要がない体型なもんで。雑誌になどに掲載されてる写真のように少しのシワもないよう着付けるためには必要でしょうが、自分の体型にあった着付けのほうが美しいし、シワがあってもそれが自然だと思います。
●きものベルト
きものの上前と下前の衿を挟んで襟元を美しく保ち、はだけるのを防ぎます。コーリンベルトとか呼ばれてます。
着付け教室などに通うと、だいたい買わされます(笑)
というか私、買わされました・・・。でも、私的には「いらねぇ〜よ」って感じ。当然使ったことないです。
●ミニベルト
帯結びを補助するベルトですが、ゴムなどで代用できます。
これも着付け教室などに通うと、だいたい買わされます(笑)
あとは上に同じく・・・です。
●衣装敷き
きものを着付けをしたり、畳んだりするときに床に曳くもの。特に絶対に必要というわけではないが、以外と床はゴミが落ちていたりするので、きものをより大事に扱うにはあったほうが良い。折り畳まれた和紙様のもので、拡げて使う。

●和装ブラジャー
洋装のものと違いバスト全体を包み込み胸元を美しく整えます。
●和装コルセット
腹部とヒップを押さえ、体型を整えます。

この2点とも、買ったことも使ったこともないです。包み込むほど胸はデカくないですし、締め付けるの苦手なもんで。着付け教室に行ったりすると、よく勧められますが、ブラはソフトでワイヤーのないもので代用しますし、コルセットしなくても不都合はないと思います。