帯の種類
これはあくまで一般的な名称と分類です。
昨今は色々変わった帯がでているので、購入の際は店員などに確認したほうが良いでしょう。

丸帯
(まるおび)
帯の中で最高の格と豪華さを持った帯。広幅(約65〜70cmほど)に織った生地を二つ折りにして芯を入れて仕立て、帯全体や裏表に紋様が織り出されていて長さは約4mほどある。戦前は花嫁衣装や留袖などの礼装に使われていたが、あまりに高価で重いのと袋帯の普及のため、現在ではあまり見かけなくなった。花嫁の振袖姿にみられるぐらいである。
袋帯
(ふくろおび)
留袖や訪問着・振袖などの礼装に締める帯のほんとんどを占める帯。幅約30cm長さ4m前後。厚いしっかりしたものは芯を入れずに仕立てる場合もある。お太鼓は二重に結ぶ。本来は袋状に織ったのでこの名前になったが、現在では別に織った生地を両端で縫い合わせた「縫い袋帯」が主流。もとからのものは「本袋帯」と呼んで区別をする。表にのみ柄があり、表面全てに柄があるものを「全通柄」一部表に見える部分のみに柄があるものを「六通柄」、帯の前と後ろのお太鼓部分に柄があるものを「お太鼓柄」と言う。礼装に使用するかお洒落着などに使用するかは技法や図柄によって決まる。ぱっと見に判断するなら「金銀糸を使用している」のが礼装用で、さっぱりとした軽い柄ゆきのものはお洒落着用。一般的に「しゃれ袋帯」と呼ばれる帯がそうであるが、本袋帯より短くお太鼓は一重でしか結べないものもある。
名古屋帯
(なごやおび)
初めから胴まわりの部分を二つ折りの寸法に仕立てた帯。お太鼓部分は幅約30cm、胴に回す部分は半幅、長さは約3m60cmほどに仕立てる。お太鼓は一重に結ぶ。名古屋で店頭ではきものの着尺のように巻物の状態で売られており、太鼓の裏に共布がくる生地を引き返し、芯を入れて好みの帯幅に仕立てるのが一般的。織帯の「織り名古屋」は袋帯と同じ様な格調高い文様や金銀を使ったもので訪問着や色無地・付下げなどに締められる。染帯の「染め名古屋」は塩瀬羽二重・縮緬・綸子・紬地などに染めで絵柄をつけたものでお洒落着用。刺繍や箔で柄をだした名古屋帯もあるが、それは染め名古屋帯より格が上になる。
袋名古屋帯
(ふくろなごやおび)
帯の幅が八寸(約30.5cm)あるので「八寸名古屋」とも言う。厚い地風なので芯を入れずに両端をかがって仕立てるので「かがり帯」「かがり名古屋」などとも呼ばれる。材質によっては付下げにも使うが、主にお洒落着などに締める。柄は全通、六通、お太鼓柄。
腹合わせ帯
(はらあわせおび)
帯の片方ずつそれぞれ違う色柄の生地を縫い合わせ芯を入れて仕立てる。合わせ帯・昼夜帯(裏に黒繻子を使い昼と夜にみたてた)・鯨帯(鯨の背と腹の明暗になぞらえた)などとも言う。表裏ともに締められるリバーシブルな帯でお洒落着から普段着まで。合わせ方は同一素材で柄×無地・無地×無地(色違い)、異素材同士の組み合わせなどがある。
単帯
(ひとえおび)
裏や芯を使用せずに1枚の織地のままで使用する帯の総称。初夏・盛夏・初秋用。代表的なのもに博多の献上柄などがある。
半幅帯
(はんはばおび)
帯全体の幅が普通のものの半分(15cm前後)に長さは約3m60cmほどに仕立てられた帯。単帯と、輪になった「小袋帯」がある。帯揚げや帯締めを使わずに、気軽に締められる。浴衣や普段着に締めるが最近は錦地や唐織りなども多く出回っているのでお洒落着などにも使用する。最近では変わり結びが出来る長さ(約4m前後)の細帯と呼ばれる帯も多く出回っている。
三尺帯
(さんじゃくおび)
子供用の帯。絞りなどで柄を出したかわいいものが多い。男児・女児用があり普段着や浴衣などに締める。
角帯
(かくおび)
幅10cm長さ4m前後の男性用の帯。礼装用には博多献上・錦織などを締める。その他に博多織無地・紋織・紬・合繊などがある。
兵児帯
(へこおび)
幅70cm長さ4m前後の男性用の帯。普段着や浴衣に締める。総絞りのものと端絞りのものがあり、幅を10cmほどに折って使う。本来は男性や子供の帯だが、最近では浴衣に絞める女性用のものも出てきている。
作り帯
(つくりおび)
簡単に結べるように、あらかじめ結んだ形に作った帯。後ろ姿はお太鼓が多いが、他にもいろいろある。女児の七五三の祝着などによく見られる。