きものの種類
ここでは礼装を中心に、ごく一般的な分類をご紹介します。

黒留袖 地色が黒の留袖で対するものに色留袖がある。ミセスの第一礼装とされており別名「江戸褄」とも言う。黒地に五つ紋を染め抜き、裾模様のきもの。下着は白羽二重、金銀白地の袋帯を締め、白の帯揚げ・帯締めを使用するが、最近は宝石の帯留なども使用する場合がある。
色留袖 地色が黒以外の留袖。ミセスの第一礼装は黒留袖だが、それに準ずる装いとなる。黒留め袖はミセスのみが着るが、色留め袖はミスも着ることが出来る。紋は五つ紋・三つ紋、一つ紋などといろいろあり、紋の数が多いほうが格が高い。ただし五つ紋でも下襲を略した場合は準礼装。
訪問着 絵羽模様に染めたきもので、模様は主に胸・肩・袖・裾などに付ける。大正末期より用いられるようになった。一つ紋を入れたものは準礼装として用いられるが、最近ではあまりに格が高いとのことで紋は入れない人も多い。このごろでは紬地の訪問着も現れている。ミセス・ミス両方着用可。
付下げ 絵羽ではないが、きものに仕立てた時を想定・計算されて模様を染めたきもの。模様は肩山・袖山を頂点にして、前身頃・後ろ身頃の両面に上向きに配置されている。小紋柄を付下げ模様に染めた「付下げ小紋」と、絵羽風に模様を合わせた「絵羽風の付下げ」があるが、「絵羽風の付け下げ」は略式の訪問着として広く着られている。ミセス・ミス両方着用可。
色無地 黒以外の地色で染めた、一色の無地のきもの。紋綸子などの模様を織りだした生地を用いることが多い。紋を付けて慶事・弔事両用の準礼装・略礼装として使用する。黒地のものは正装の喪服として用いる。弔事として使用する場合は色味を控えめにしたり、地模様におめでたい柄を避けるようにする。
黒紋付 黒1色に染め、五つ紋を入れたきもの。一般的に喪服のこと。ミス・ミセスの区別なく着用する。
振袖
(本振袖・中振袖・小振袖)
ミスの第一礼装。袖が長く三尺(1m14cmくらい)のものを本振袖・大振袖という。二尺八寸(1m06cmくらい)のものは中振袖、二尺二寸(83cmくらい)のものを小振袖と呼ぶ。
江戸小紋 名のごとく非常に小さい精緻な文様が詰まっているきもの。武士の裃に使用された模様から、町方の模様までいろいろあるが、柄によっては一つ紋を付けて略礼装に使用する。小紋とは現在は着尺模様の柔らかいきものの名称になっているが、本来は大紋・中形に対する語で極小文様の型染を意味する。
小紋 小さい文様を生地全面に染めたきもの。現在は模様の大小に関係なく、縞・格子・絣を除く、型染の着尺地の総称。金銀箔を使用した華やかな模様のものは小振袖に仕立てたり、上品な柄のものは略礼装などに使用したり、街着などにと幅広い用途がある。基本的にはカジュアルなきもの。素材は紋綸子や縮緬・紬などを用いることが多い。街着・おしゃれ着。
浴衣 夕涼みや夏祭りなどに着用する平木綿のきもの。襦袢を使用してややあらたまった雰囲気で着たり、肌着のみで気軽に着たりと様々である。肌着のみの着用時は足袋ははかず、素足に下駄が一般的。
家庭着・普段着 文字通り、家でくつろいだり家事をしたりする時に着るきもの。木綿やウール・化繊が多い。

生地の種類
生地に関しては概論としてお読み下さい。

綸子(紋綸子) 代表的な絹織物。布の表面に模様を織りだした生地。美しい光沢があり柔らかく、振袖や訪問着などに広く用いられる。最近は化繊のものもある。
縮緬 縦糸に強い縒りをかけて織り、表面に「しぼ」と呼ばれる凹凸ができた生地。しぼの小さい「一越」から、大きな「鬼しぼ縮緬」など色々なものがある。有名な産地としては「丹後縮緬」「長浜縮緬」など。絹織物のひとつだが、最近では手入れが簡単な化繊のものも多く流通している。
羽二重 絹織物のひとつで、経緯ともに撚っていない生糸を使用した平織の生地。織るときに「おさ」の一羽に、経糸2本を通したことから羽二重と呼ばれた。経方向におさ目ができるのが特徴。
御召(おめし) 関西では天皇が、関東では将軍が好んでお召しになられたことからきた名称。先練先染の代表的な生地。産地は全国各地にあり、種類も豊富だが、単に御召の名だけをつけている場合もある。縫い取り御召、絣御召し、紋織御召、柄を絵羽付けした御召訪問着、ウールお召しなどというものもある。
経糸、緯糸ともに真綿から手紡ぎした紬糸を使い、居坐り機や高機などで織らた平織りの織物。全国各地で生産されており、代表的なものに「結城紬」などがある。「大島紬」は昔は真綿から紡がれていたが現在では絹撚糸が使われている。
ウール 毛織物。シワになら丈夫で扱いやすいきもの。小紋染・絣ともに種類が多い。街着としても用いられ、羽織とのアンサンブルで楽しむことが多い。単衣仕立てにして盛夏以外のスリーシーズンに着用する。
木綿 文字通り綿のきもの。浴衣などに用いられることが多いが、縞柄のものや絣・藍染めのものなど多種多様。普段着・作業着にも多く用いられる。