きものはワンピース?

 きものってよく考えてみると、なにかワンピースのような気がしませんか?
洋服のワンピースにたとえてみれば、留袖や訪問着はフォーマルなカクテルドレスだし、付下げや色無地のきものはパーティ用のドレスのようです。小紋はカジュアルな花柄のシャツドレスというところでしょうか。
 そうなると今まで、どこへどのきものを着ていけばいいかわからないと思っていたのが、簡単になっちゃいますね。たしかにきものはしきたりがあります。でも煩く言われるのは結婚式ぐらいなもの。その他の場では、昔ほど厳しくなくなりました。そもそもしきたりなんて人が作ったものですし、時代によって変化してきたもの。だから目上の方がいない席では多少のことは多めに見てもらえます。だって最近「きもののしきたり」に詳しい人なんて、そうはいませんから誰も気付いたりしません。大事なのは本人が気持ちよく着れるかどうかです。

 家紋にしても昔は入れるのが当たり前でしたが、このごろは訪問着に紋を入れる人は少なくなってきました。理由は「格式高くなりすぎる」だそうです。さすがに色無地には一つ紋を入れますが、今時「格」の高さなんてだれが問題にするのでしょう。冠婚葬祭以外できものを着るなら、むずかしいことなんて考えないで、まずは「着る」という行為自体が大事なのではないでしょうか。

【Back】  【Top】