【半幅帯-02】


【半幅帯-01】に気をよくして続けてもう一本!
片面の白地は綿紬、紫地は変わり織りの綿プリント地を使用。
きものは絽の縞柄にしたら、すっきりしたイメージになりました。木綿の帯ですから
ほぼ四季を通じて使えるのですが、この白地の面は夏が似合いそう。

 
【半幅帯-01】と同じ「リボン返し」変形角だしバージョンなのですが
たれがちょっと長かったみたい。でも、ぽっこりした感じに結べました。


この紫地の「ぐるぐる」が、まるで蚊取り線香のようで面白いでしょ。
白地の浴衣なんかにも似合いそう。

 
結び方は白地のほうとは違って、こちらは帯締めと帯揚げを使用しない「リボン返し」。


綿紬はスラブ糸を多用してて、遠目に見ると単なる「白」ですが
アップで見ると以外とかわいい感じです。